マーヴィン ゲイ let's get it on

マーヴィン ゲイ let's get it on

マーヴィン ゲイ let's get it on



 · 1973年9月8日、長いチャートの歴史の中でもひときわ官能的なレコードのひとつ、マーヴィン・ゲイの「Let's Get It On」が全米チャートの首位を獲得した。マーヴィン・ゲイはシングルを3枚連続で全米ポップ・チャートの首位に送り込むという快挙を成し遂げたが、これはそのうち2枚目にあた …

Amazon Musicでマーヴィン・ゲイのLet's Get It On をチェック。 ... LET'S GET IT ON is an album that has so many layers to it and can't just be looked at in one simple way. Thus, the title of my review. It is at once silky full of soul, highly sexual with spiritual overtones. It is believed in many cultures that one cannot separate ...

 · しかしながらマーヴィン・ゲイのサウンドは彼にしか出せないものだった。ポップスとR&Bの両方のヒット・チャートで1位を獲得した「Let’s Get It On」は、ポップ・チャートには2週間、そしてR&Bチャートにはなんと6週間もその座に居座り続けた。

 · 1971年、より成長したマーヴィン・ゲイは、名作『What’s Going On』でメインストリームなリスナーたちと本当に繋がるようになったが、1973年の9月15日からチャート入りし始めたアルバム『Let’s Get It On』でいっそう頂点を極めることになった。

Let’s Get It On. Let’s Get It On (1973) : Track 1. マーヴィン・ゲイの1973年リリース『Let’s Get It On』から表題曲である” Let’s Get It On “は、かなり官能的で、性的にポジティブな感情を表現した一曲。

 · 本連載第1回目で採り上げたマーヴィン・ゲイの反戦歌「What’s Going On」(1971)はメッセージ・ソングだったが、この「Let’s Get It On」は、彼にとって「I Heard It Through The Grapevine(邦題:悲しいうわさ)」/1968)以来、5年ぶりとなる全米No.1ヒット曲であり ...

このアルバムを一言で表すと、ポップスターとしてのマーヴィン・ゲイの最も良質な作品ということに尽きる。 Producer: Ed Townsend, Marvin Gaye 1973年 Tweet. Let's Get It On - Marvin Gaye . 関連 …

週末のお楽しみ...。 本日の1枚はマーヴィン・ゲイの“What’s Going On”と並ぶ傑作アルバム“Let’s Get It On”です...。 “What’s Going On”は史上初のアルバム丸ごと社会問題を取り上げたコンセプトアルバムとして“聖”なる1枚と表現され、一方“Let’s Get It On”は当時の恋人への溢れる ...

<マーヴィン・ゲイ> 『Let's Get It On / レッツ・ゲット・イット・オン』 Written by Marvin Gaye and Ed Townsend in 1973 I've been really tryin', baby Tryin' to hold back this feelin' for so long And if you feel like I feel, baby Then come on, oh, come on Whoo, let's get it on Ah, babe, let's get it on

マーヴィン・ゲイ Marvin Gaye; 基本情報; 出生名: Marvin Pentz Gay, Jr. 生誕 1939年 4月2日アメリカ合衆国 ワシントンD.C.: 死没 1984年 4月1日(44歳没)アメリカ合衆国 カリフォルニア州 ロサンゼルス: …

マーヴィン ゲイ let's get it on ⭐ LINK ✅ マーヴィン ゲイ let's get it on

Read more about マーヴィン ゲイ let's get it on.

4
5
6
7

Comments:
Guest
You can't turn back the clock--But you can wind it up again.
Guest

It is better to know some of the questions and all the answers.

Guest
Be cautious--Opportunity does the knocking for temptation too.
Calendar
MoTuWeThFrStSu